すえつむはな日記
つれづれな日常の一コマ

この暑いのに…隣家の雑木雑草伐採。

どうせ言うなら春に言ってよ~! って思ってしまうわ。

一昨年も頼まれて、隣のお婆ちゃんの家の裏の斜面に茂った(雑木・竹・雑草)の伐採を、
またこの暑い真夏に頼まれた。

斜面の伐採作業

お庭で私が水やりしている時に、お婆ちゃんが出て来て…

お婆ちゃん「あなた、ねぇちょっと! 裏の雑草をまた取っといてよ。

私「ずいぶん増えてますもんね~

業者さんにお願いしたら、高いでしょ~? 
だから、ちょっとぐらいなら出すから、やってくれない?

この「ちょっとぐらい」に惹かれてうーん、じゃぁ。

↑一昨年は、5,000円頂きました。(ハサミを購入した)

「いえいえお金なんて~」とは言えない、今の我が家事情。
今回も5,000円は固いか…?(欲を言えば諭吉さんに会いたい)

しかし重労働

さっそく、枝切りバサミを持ち出し、手の届く所の枝を切り…
小さい剪定ハサミで枝を小さく切り刻み、落ち葉と一緒にゴミ袋に入れていく。

斜面での作業は、落ちないように気を付けなきゃならないし…
蚊はウヨウヨいるし…
暑くて汗だくだし…
ハサミで手が痛いし(水ぶくれ)…
何より腰に悪い!

すっごい重労働
ゴミ袋の数にして、いったい何袋になるんだろう?

もちろん1日では絶対無理!
お婆ちゃんは「出来る時で良いから、ゆっくりやってちょうだい」と私に丸投げ。

夫は、完全無視…
(お前が引き受けたんだろう…俺知~らない!ってな感じ)

お盆の救世主

そんな中…
お盆休みの息子が帰ってきました。
(飛んで火にいる夏の虫)

長ーい盆休みを取ってるそうですが、我が家での滞在は3泊4日。
買い物に行ったり、お婆ちゃん(私の母)の所へ行ったりとしたので、
伐採作業を助けてもらえたのは1日。

手前側から刈り進めて、
ここまで私が…(必死のパッチ)。

そして、息子が午前中の2時間ほど手伝ってくれて…

一気にすごい進んだ~
(さすが体力のある若い男!)

…もっともっと、手伝って欲しかったけど…
息子は昨日、自分のマンションへと旅立って(逃げて)行きました。

孤独に汗だく!

さて、また一人。
奥の木の生えてる所でクッと少し曲がって、さらにその先の奥まで。
残り7~8mぐらいかしら?

出来れば早く「ちょっとぐらい」が欲しいから…
頑張って早く終わらせたい。

腰が逝ってしまわないように…
暑い中、コルセット2枚でガッチリ固めて、汗だく~!
(いったい何リットル汗をかいてるか? 計ってみたくなるくらい。)

…やっぱ、草を刈るのは春が良い!


↑こんなの(電動ノコギリ)があれば楽ちん~?
(欲しいけど、隣の家の為に買うのはバカ。)


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です