すえつむはな日記
つれづれな日常の一コマ

なかなか難しい紫陽花(アジサイ)の花

紫陽花(アジサイ)なんて、花の終わった後に何処でどれだけ切っても、次の年には立派な花を咲かせるモンだと思ってた。

(↑表題写真)うちの西洋紫陽花アナベルちゃん

アナベルちゃんは、去年花が終わって土ギリギリでってくらい丸坊主に切ったけど、今年もこんなに立派に育って大輪の花が沢山ついてます。

昔植えてた、ごく普通のガクアジサイも毎年毎年…勝手に花は咲いてました。

なのに…

母の友達から譲り受けたピンクの可愛い紫陽花(名前は不明)

今年、花芽が全くない!

緑の葉っぱだけワサワサと…葉っぱの中心にも花芽らしきものは確認できず。
いくらなんでもこの時期に見えないのだから、今年はゼロだ。

紫陽花って難しい植物だったのね~と改めて認識した。

紫陽花は開花直後の6~7月に来年の花芽を茎に作るが、剪定で切ってしまうと花が咲かない。
日照不足や、生育不良、冬の寒さも…

上手に切るってのが無理なら『切らない』ってのが正解らしい…

でも、剪定は必要だろう~!? 
だってボーボーに放って置いたら、伸びすぎってぐらい伸びるんだもの!

昨年は、少ないけど花があった。

私の剪定は…失敗だったようだ。(下手くそ)

うーん。
来年は試しに、切らずにおこうかな…?

ボーボーにどれだけ伸びるんだか…我慢できるかな?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です