すえつむはな日記
つれづれな日常の一コマ

私も自分の部屋が欲しい!

男の書斎】は男性誰もが欲しいと言うが、女は?
「女には【女の城(台所)】が有るだろう!」と言われてしまう。

世のお父様方の中には、家の事情で【書斎】なんてスペースは無い人も多いだろが、うちの夫は結婚した時から、家の条件としては何よりも【夫の部屋】は必須だった。

寝室は別にあるので、夫の部屋は純粋に、本、パソコン、おもちゃ…などなどで埋め尽くされた趣味の部屋である。
ほとんど一日中、部屋に籠っているので私としては気を遣わなくていいのだけど…

私だって、自分の部屋に籠りたい。

家の中全部が主婦のテリトリーだろう。」と言われるけど…

私のスペース

リビングのテレビ周り

左端のすき間には私の今刺してる刺繍の枠
テレビ棚の左側には刺繍道具(糸・針)、ゲーム機、
そして私のタブレット携帯電話の充電器。
テレビ棚の右側には、私のノートパソコン
そして右端のすき間に私の電子ピアノ

テレビ棚の戸棚と引き出しの中には、アルバムや救急箱、日用品のあれこれが入ってるが、私の本とゴチャゴチャした私物化粧品などなども。

私が、刺繍をするのもパソコンをするのも、ピアノを弾くのも、
何をするのも全部リビングにあるダイニングテーブルなのだもの。

なので、何をしてても食事の度に机の上からはすべて撤去して、このテレビ周りに収納しなければならない。

結婚してから30年間ずっと…私の机はダイニングテーブルなのだ。

これを機に

息子が独立したことで、息子の部屋が空いた。

これを機に、夫には広い息子の部屋に移動してもらって、今の夫の部屋を私の場所にしたいと考えた。

夫に話すと、面倒だと言いながらも了承してくれて、
部屋の移動準備を始めてくれてる。

出て行った息子の部屋

独り暮らしで出て行った子供の部屋はそのまま?

実は、一人暮らしになっても、ちょくちょく帰ってくるだろうし、居場所としては必要だと私は思っていたのだけど…

引越しでベッドを持っていくと聞いて…

私「あなたが帰って来た時に使うんだから置いといたら?」と言うと、
息子「頻繁に帰るはずもないし、十分日帰りで来れる距離だし、何だったら寝袋があれば良い。
って私にはムゴイって思える言葉を言い放った。

なので、吹っ切れた。(吹っ切るしかない)
息子の居場所はもうここじゃない

部屋をそのまま残してても仕方ない。とね…


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です