すえつむはな日記
つれづれな日常の一コマ

ウッドデッキの一部補修(作り替え)

庭にウッドデッキを作ってから、もう約7年?
家の屋根下でない場所は、雨にさらされボロボロになってきた。

DIYで作ったデッキなので、直すのもDIY…
だけど、広いウッドデッキの全部を一気には無理なんで、
部分部分を少しづつ…

デッキの一部補修

木材が腐って脆くなってる。
(危険で注意!)

土台から作り直し、
剥がしだしたのが去年の夏…。

穴が開いてる状態で、年を越えました。
(長かったな~)

春になり、夫がやっと作業再開してくれました。

↓足りない木を買いに行き…

作り替えた土台に、2×4材を並べ置く。

まだ仮置き…

あぁ、一年ぶりに床がある!(幸せ~)

ペンキを塗って無い手前のは、今回買った木材(10本)。
真ん中辺のは昨年私がせっせと塗りためた木材。

ペンキを塗ってない木を外して、ペンキを2度塗りしてから、ネジ止めです。

まだまだ…

まだまだ、悪い箇所はあるので、徐々に徐々に…というか、
常にメンテナンスで補修が続く感じ。

夫は「雨に濡れるから木が悪くなるんだ。だから、屋根を付ければいい。」って言うが…

夫の言う波板屋根(ポリカーボネート)を付けるのは、
ちょっと私は抵抗がある…(正直イヤ)。

結構な金額をかけて屋根を付けたとしても、
見た目悪いし、風通し悪くなるし、雨音が響くし…
そして、台風が来るたびに飛ばないかと心配事が増える。

屋根を付けたら、デッキの木材は確かに長持ちするだろうが、
メンテナンスが不必要になる訳じゃない。
木のメンテナンスに加えて、数年後には波板のメンテナンスも増える。

それでも屋根は付けるべきなのか?


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です