すえつむはな日記
つれづれな日常の一コマ

オリーブの木を移植した。

庭の一画に、いろいろ植えて失敗している場所がある。
前は、ユーカリの木(グニー)が植わってた所…

余りに不格好な樹形に伸びてたので切ってしまった。
新たな新芽を育てるのも良いかと思ったが、また不格好に育つかと思うと、
ユーカリを育てる事が嫌になってしまった。

なので、春のうちに…根っこを掘り出してゴッソリと処分した。
(直植えじゃなく不織布の大きな鉢なので、取りやすい!)

根っこを取り除き、土をシートに取り出し、リサイクル。
そして、オリーブを…

土の再生


古い土は捨てたいが、捨てられないから再生するしかない!
けど、コレでOK!って確かめる方法が無いから、めっちゃ適当。

今回のユーカリの植わってた土は出してみると、土の中には大きいミミズがウヨウヨといた。
ミミズの💩のおかげで真っ黒でフカフカな土なんでコレで良いんじゃない?って思うけど、
コガネムシらしき幼虫も沢山いたから…やっぱ悪い土?

とりあえず、見つけたミミズは野菜畑の方に放り投げた。
(居ついてくれると嬉しいんだけど…)

シートに出した土は、石灰混ぜて殺菌目的で天日干し。
(天気の良い1週間でした)
でも春だから、殺菌になってるんだか疑問だけどね~

オリーブの木

オリーブの木は、数年前に台風で倒れた木から挿し木で育った残りの1鉢。

挿し木だからか? 今の鉢に栄養がないのか?
ちょっと寂しい葉っぱの数…
常緑樹なんだし、元気にもっともっと茂って欲しい!

干した元の土に、バーク堆肥油粕と『果樹の土』を足して、
不織布の鉢に植えました。

上手く育ってくれると良いな~と願う。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です