すえつむはな日記
つれづれな日常の一コマ

「庭にきのこが生えてるよ~!」

 と、やっと朝の忙しい主婦仕事を終えてやっと座ってくつろぐ私に旦那が言った。

旦那「庭のストロベリーツリーの根元に立派なキノコが生えてるよ」
 「へー」
旦那「置いといたら、胞子が出てキノコだらけになっちゃうよ~」
 「じゃぁ取ってくれた?」
旦那「ううん。取った方が良かった?」
 「………」(報告だけで…私が取っとけって事ですか?)

あ~これがストレス。

朝、庭のあれやこれやをしている時にカマキリを見つけて、写真を撮って旦那に見せた。

外壁にへばりついてた。
結構大きいカマキリさん

この写真を見て久しぶりに庭に少し出てたようだ。
虫を見つけるのが得意な旦那…
私に「庭木のシマトネリコに幼虫がいたから取ったよ!」と報告するので、
「ありがとう。」と答えた。

ふと思ってしまった。この「ありがとう」が旦那をダメにしてるのかも…と。
甘やかしてる?

ご近所にはお庭キレイね~いい旦那さんで良かったね~と良く言われる。
確かに庭を作ったのは旦那ですが、維持しているのは私です。

今朝だって、旦那が朝食後ゆったりとテレビを見ながらお茶を飲んでる間に、台所の片付けに洗濯機を回して、庭仕事。
夏の間ピーマンを植えていた場所ピーマン引っこ抜いて片付け、
芝生に落ちてる落ち葉を集めて掃除して、雑草を抜いたりで約1時間もの作業。
そして私が家で掃除機をかけて洗濯物を干してる間に、旦那は庭に出てキノコを見つけたようだ。

庭に出て、観察するのが好きな旦那…観察だけです。
「この枝伸びてきたな~」
「芝生に雑草が増えてきたな~」
「そろそろ野菜に肥料がいるんじゃないか~?」

「ここの○○、○○したほうが良いんじゃないか~?」と私に言うが、自分で動くことはない‥。
「じゃぁ、してよ!」というと
「…まだ、大丈夫だよ」か「今度やろう」で、やることはない。

結局私が出来る時にやってしまうのよね~
妻の庭で自分の庭じゃない…というお客さん的な気持ちが旦那にあるのかな~?

今日サラ地にした場所…

今から植えれる野菜があるかな?

…キノコは午後に私が取りました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です