すえつむはな日記
つれづれな日常の一コマ

最後の収穫…と思いつつ残すピーマン

夏の野菜のピーマンがまだ収穫できてます。
5月のGWに植えたので、もう半年以上…

家の中ではストーブ点けてるし、食卓では寒いから鍋~!
って時期だというのに…
毎年、こんなに長持ちだったかな~? 覚えてない。

長持ちしたピーマン

葉っぱも痩せて黄色く変色してきたし、そろそろ終わりのハズなんだけど、
見る度に実は成長しているようで、『終わり』と判断するのは難しくて。

でも、
新たな花は見当たらない。

今付いている実が最後なのだと収穫するたびに思う…

3株しかないのに、
今回も結構な収穫量です。

採ったものの、ピーマン料理をする予定では無かったので、刻んで冷凍保存。

今日で全部採ってしまおう! と思って収穫し始めるのだけど、
もしかしたら、まだ育つかも…? 
って思ってしまうような小さい実がまだまだあり、採るのを躊躇してしまった。

でも、もういい加減、終わりのハズ。
もう枯れてダメになっても諦められるって実だけを残した。

この場所に、次何かを植えるって予定もない事だしね…。
来年もピーマンだけは絶対植えるわ!

いろんなピーマン

かつては、色んな品種のピーマンやトウガラシ・パプリカを植えてみた事もありますが、
普通のピーマン苗が一番使えると私は思う。

しし唐・唐辛子・万願寺などは、初めのうちは美味しいのだけど、
時期が進むにつれてだんだん辛い(当たり)が多くなってきて、食べるのが嫌になる。

パプリカは、赤・黄色・オレンジ・紫とそれぞれの色に変わる前に我慢しきれず、採ってしまう事が多かった。
肉厚で美味しいけど、結局は緑のでかいピーマンで収穫量も少ない。
ジャンボピーマンってのも一緒だよね。


他の野菜はさておき…今年はピーマンに限っては大成功だわ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です