すえつむはな日記
つれづれな日常の一コマ
お金

「何が?」と聞いてみたい歯医者の費用

何十年と歯医者さんに通っているが、 
いつも支払いに名前を呼ばれる時にはドキドキする。
今回はいくらかしら? って。

先週行った私の歯医者の定期検診での費用…4,100円
思わず「えっ?」って声が出そうになるくらい高いと思った。
いつもとそんなに変わらないのに…なんで?」と聞きたいけど、恥ずかしいのでグッと堪えて平気な顔して支払いした。

言い値を払うしかないですからね、医療費って。

定期検診の金額

虫歯治療や歯周病治療や詰め物や入歯… 実質的な治療にそれぞれ違った治療費が掛かるのは分かる…

が、2~3ヵ月に一度の定期検診メンテナンスの値段が毎回全然違うのは、どうしてなのかしら?
いやいや、値上がりしているし…

私はずーっと同じ歯医者さんへ2~3ヵ月に一度の定期検診で通ってます。

  • 入歯をクリーニングに渡す。(私は1本だけ部分入歯)
  • 歯科衛生士さんが歯周ポケット・プラーク等の検査
  • 歯科衛生士さんが歯石を削ってくれる。(ほとんど無いので軽く)
  • 歯科衛生士さんが歯を磨いてくれる。
  • 知覚過敏なので歯科衛生士さんがしみ止めを塗ってくれる。
  • 先生が来て「どうですか~?」「おかげさまで…」と今回は挨拶だけ。
  • 終わりに歯科衛生士さんからフッ素の液体を渡されてブクブクする。

先生に聞きたいことや痛みや不具合がある時は、先生がちゃんと診てくれるのだけど、
今回は私が何も訴え無かったので先生とは「今年もよろしくお願いします。」と挨拶だけでした。

これまでの私の想定金額

  • 基本のメンテナンスで、1,000円程度。
  • 歯周ポケット・プラーク検査があると、2,000円~。
  • レントゲンを撮ると、4,000円~。


処置内容が大幅に変わってきたとは思えないのだけど、金額が高くなってきたな~と実感する。
これまでの想定金額は、もう在り得ないのかも。

昨年を振り返ると、1月の定期検診は約2,000円だったのに、春以降の検診は全て3,000円を超えてました。

************************

検索してみると…昨年4月に医療費改正があったようですね。
何が幾ら上がったのかは分からないけど…

値上がりは当然だったんですね~。(わかるの遅すぎ!)

コロナの影響

昨年からのコロナによって、歯医者さんも大変なんだろうと想像する。

  • 明らかに待合の人数が減ってる。(予約人数の削減)
  • 待合に加湿器・サーキュレーター・消毒液などがより増えた。
  • 診察の椅子に飛沫を吸うバキューム機械等が増えた。
  • 衛生士さんが減ってる。

予約人数が削減されてる事で、これまで2ヵ月ちょいだった次の予約が3ヵ月を超えるようになってしまった。
間の期間が延びるからか、歯周ポケット・プラーク検査が毎回になった気がする。

値上げも仕方ないか~

これからは4,000円がメンテナンス基本料と考えなければダメなのかも知れない。

内訳

医療費は点数なのだから、同じ治療(処置)にかかる料金は同じハズだと思うのだけど…病院によってさじ加減ってモノがあるのかしら?

内訳って聞いてみたい。

車のディーラーのメンテナンスみたいに、
これは幾ら…これは幾ら…って明細くれたら良いのにね~。

医学管理・検査・リハビリテーション・処置…と書かれるが、

私のどれが処置で、どれがリハビリテーション?
医学管理の費用が毎回違ってるのは何故?

理想を言えば…

診察前に【今日の処置メニュー】で、処置のお品書きと金額を書いた物を見せて貰えて、絶対必要な処置と選べるオプション処置があって…
合計金額が分かると嬉しい。
オプションの歯磨きやめるわ~」とか言えたりね。

もちろん診察して治療が必要な場合もあるから、予想通りの金額で済むとは限らないけど。

毎回診察前に、「いついつぐらいに奥歯が少し痛くて~薬飲んだ。」とか「歯茎がうずく」「どこどこがしみる~」「口内炎が出来た」とか気になる事とかを歯科衛生士のお姉さんに伝えるのだけど、お姉さんは丁寧に書き取り、先生にまた伝える。
これも、無駄な手間よね~

いっそ、歯医者に行く前に、ネットで送信出来たら便利だと思うのに…
【今日の処置メニュー】ってのも一緒に…。


高いけど、メンテナンスは絶対に行った方が良い。
歯は大事ですからね~!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です