すえつむはな日記
つれづれな日常の一コマ
雑記

「それくらい…」っていう些細な家事について

現在無職の夫と、四六時中ずっと一緒の生活をしていると、
イライラする事もある。

夫は炭酸水をよく飲むので、飲んだ後のペットボトルがゴミとなる

  1. キャップを外して
  2. ラベルを剥がして
  3. 乾かして
  4. 踏みつぶして凹ませる
  5. ペットボトル用ゴミ箱へ

なのに夫は飲み終わると、キッチンカウンターの上に置くだけ
せめて空っぽにした最後は蓋せずに置いてくれてるだけでも、ひと手間助かるのに、しっかり蓋して放置するだけ。

私が片付けていかないと、カウンターの上にどんどん溜まっていく。
ペットボトルに限らず、空き牛乳パック・空き瓶・空き缶なども同様、
分別方法やゴミ箱は分かってるハズなのに、置きっぱなし。

つい昨日イライラして、夫に注意した。

私「ペットボトルを置きっぱなしにしないで、たまには自分で分別してくれる?」と言ったら…

夫「それくらいやってくれても良いじゃないか!」と、何故か反撃を喰らった。

それくらい…って思ってるなら、私にやらせずに自分でやってくれててもいいじゃないの?!」と私も対抗すれば、

そんな事でいちいち文句言うなよ! 黙ってやってくれてたら感謝するのに!」って、だんだん怒りモードに…

いつも私がやってるじゃないの~!
じゃぁ、それで良いじゃないか!」って!

なんだかな~?
これ以上言うと、キレられそうなので、やめた。
結局、私が片付ける事は変わらない。

空のペットボトル

ウップン晴らしに
踏み踏み…!

私の言い方がオカシイのかしら??

イライラするけど、それについて言い合いして険悪になるくらいなら、
私がやった方が無難…と思うしかないか。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です