すえつむはな日記
つれづれな日常の一コマ
買い物

室内物干しが崩壊した。

あ~、こんな事が起こるなんて‥。

「バキバキ…ガッシャーン!!」

台所で洗い物をしている時、
いきなり大きな音と共に、リビングで洗濯物を干してた物干し台が崩壊しました。
部屋干ししていた洗濯物の重みに耐えられなくなったかのように…

バスタオルにタオルに衣類に下着類…いろいろ干してたので、重かったかしら?

在りし日の姿。

角角を繋げてる白いプラスチックには以前からひび割れもあったし、既に壊れたて所もあり、所どころビニールテープを巻いて補強しながら、騙し騙し使ってたのだけど…
今回は連結部分のプラスチックの何処か1か所が割れたのだろう、
その歪みと掛かる重みで次々に割れていき、一気に崩壊って事になったようだ。

無残… 
もう立ち上がらない。

次の物干し

崩壊した物干しを買ったのは2014年の夏なので、かれこれ丸6年物
これは長いのか短いのか?

さて、洗濯物をどう干すか?
新しいのを買おうかとも思ったけど、同じような物を買っても5年程で寿命が来ると思うと、もう同じような物は買いたくない。

けど、どんなお店やネットで見ても、室内物干しだと同じようなプラスチック部品で繋げられた物ばかり…

バスタオルや衣服のハンガーなどは、部屋の中の突っ張り棒や鴨居(かもい)や長押(なげし)に掛けた棒に引っ掛ける事も出来るので、急ぎはしないが、小物干しは絶対必要になる。

急遽、折り畳みの
タオル干し(1,500円)を購入。

タオル類はもちろんだが、パンツ(下着)を干すのにも、1つは必要。
たこ足の丸いのでも構わいけど、置き場所が狭いもんで…こっち。

DIYで補修

とりあえず↑で事足りるんだけど、
やっぱり、ちゃんと掛けれる物干し台も欲しい。

崩壊した物干しのパイプはステンレスだし、付属の竿もまだまだ使えるのに、新しいのを買うとなると…
これらを捨てるのに、手間とお金が掛かります。

新しいのを買うと5,000円はすると思うので、
それ以内でおさまる条件で、
ダメ元で夫に「パイプを使って補修できない?」と言ってみたら…

ホームセンターで
パイプをつなぐジョイントを買ってきた。

↑あとで足りなくて少し買い足し、
合計で 1,491円(ジョイントとビニールテープ)

都合よく、同じ直径のジョイントが有るはずもないので、
パイプよりも少し大きめでブカブカなのだけど…
元のプラスチックのジョイントよりも分厚くてシッカリ丈夫そう。

段ボールですき間を詰め、
上からビニールテープでグルグル巻きにして固定。

シンプルに…復活。

前のは、物干し竿3本がそれぞれ高さを変えて干せるようになってたのだけど、
そんなややこしい事は難しいので、シンプルに四角くパイプを繋げただけ。

ただ、テープなので取り扱いには注意かな…
でも、壊れてもテープで治せると思えば、気が楽だわね。

サイドにある折り畳みの小物干し用ハンガーも付けてくれてた。
買ったタオル干しが余計だったかと少し後悔…?
でも多分、買ったタオル干しの方をメイン(小物)に使います。


 2つで合計すると約3,000円も使ってしまった。
ちょっと、予想外…
あ~こんなことが起こるなんて‥

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です