すえつむはな日記
つれづれな日常の一コマ

節水トイレだから詰まりやすい? (CS220)

トイレを交換した時、使用水量の少なさから迷わず【節水トイレ】を選びました。

ってか…営業さんの推しだったし、
「TOTOかリクシルか、どっちにします?」ってぐらいで、
あんまり選択肢が無かったような…?

で、うちに来たのは、TOTOのピュアレスト何たら…ってヤツだったと思うけど、取説には【CS220系】って書いてある。

よく詰まる

全く詰まって流れない…ではなく、流れが悪くなる。

流すと、ザーッと流れるのではなく、
便器に水が溜まり、徐々にゆっくり流れていくって詰まり方。
(排水管のどこかで何かが…)

こういう状態になることがここ数年多くなったように思える。

会社を辞めた夫が、家で大をするようになったから…?
な~?

解消方法あれこれ

↑こんなの買えば一発なんだろうか?

とりあえず、いろいろやってみた…
お湯をながしたり、お酢に重曹に、トイレ掃除の錠剤などなど…を試すが、撃沈。

取説には…スッポン(ラバーカップ)でと書いてある。

が、取説に文句。
これって違うトイレの絵じゃない?

実際は…

水たまり部分には段差があり、
取説の絵みたいにはスッポンがはまらない。

水たまりの下の方にスッポンを入れ込むには穴が小さいし、奥側は絶壁なので、スッポンを固定する事が出来ない。

スッポンは、スッポンの内側(排水側)を真空にして、水を押したり引いたりの勢いで詰まりを取るんだと思うが、
うまくはまらない事には、真空にならない。

なので、節水のこういうトイレ用に、段差の上で塞げるような縁の広いスッポン(ラバーカップ)が売られてるのだが…

うちのは、段の下にも吐水口が開いてるので、真空にならない!
(この下側の吐水口、今のには無いみたい…)

私のあみ出した方法

そうなのよ~、スッポンは真空にしなきゃダメなのよ~!

あれこれ考えて、あみ出したのがこの方法。
汚いなんか言ってられない!

うちにあるのはホームセンターで売ってる普通サイズの普通なスッポン
そして、タオルプラ板(薄すぎず厚すぎず、適度にしなる下敷きっぽい奴)。

  1. 穴の縁を狭める為にプラ板を敷き、
    下側の吐水口にタオルの端を突っ込めるだけ突っ込み穴を塞ぐ。
  2. そのタオルで縁をぐるっと巻いてスッポンを安定させる。
  3. バケツで水を流し、プラ板を左手で押さえ、スッポンの柄の先を右肩で支え、右手と体重で…
  4. 押すべし、押すべし!

何度か押してると、「ガーッ」と勢いよく水が流れていく。
(タオルを流してしまわないように注意)
新たに水を流してみて、ダメなら再度トライ…。

この方法で、詰まりが解消できると分かってから、もう何度もやってる。
流れの勢いが良いとすっごく嬉しい。

節水トイレ

節水トイレは、流す水の量が少ないので詰まりやすいとネットにあった。

完ぺき流れずあふれてしまう、って事態の経験は無いのが幸いだけど、

TOTOさん…
節水は助かるけど、詰まらない量の節水にしてよ~と言いたいわ。

それとも、うちの立地や排水管が節水には向かないのだろうか~?


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です